ファンケルえんきんの口コミは悪い?いい口コミ・悪い口コミを徹底調査

数多くのサプリメントや機能性表示のある食品を販売している事で知られているファンケルから販売されているえんきんは、目のサプリメントの中でも始めて機能性表示がされている食品とされていることから多くの人に注目を集めています。特に年齢とともに増えてくる老眼やそれに伴った症状を改善する事ができるということで主に40代から50代の人が服用している事が多いほかにも、予防的な意味で30代から飲み始めているという人たちも多いようです。
このように多くの人たちに服用されているえんきんですが、これから始めようと検討している人たちが気になるのが口コミによる評価です。最近では口コミの評価で購入するかどうかを検討すると言うのがインターネット通販での常識とされている事もあり、えんきんに関する口コミも気にしている人は多いと言われています。
では実際にえんきんを試した人たちの口コミにはどのようなものが多いのかと言う点ですが、傾向としてはいい口コミがやや大目となっていますが悪い口コミもそれなりに散見されていると言う状態であるということが分かっています。例えば良い評価のものとしては「以前は手元がぼやけてストレスを感じていたが、飲み続けているうちに目がとてもスッキリしたような感じになった」「スマホやパソコンを使うことが多くて目の疲れを感じていたが、飲み始めてからはそのような症状を感じなくなった」というような内容のものが多いです。また他のサプリメントも試したと言う人の中には「色々なサプリメントを試してみたが、ドライアイによる目のかすみや目やにが軽くなった」「今までのサプリメントの中で効果が一番分かりやすかった」というような内容のものもあります。
このような良い評価のものから分かるのは高齢化に伴った老眼だけではなく、スマホやパソコンなどによるドライアイやスマホ老眼と呼ばれているようなタイプにもある程度効果を発揮する事ができるという点です。えんきんはどちらかといえば高齢に伴った老眼の方に効果が高いとされているため40代から50代の人に効果が高いとされているのですが、スマホ老眼など年齢に関係ない老眼でも改善する事ができるようになっているようです。
ただし悪い評価の中には「自分には合わなかった」「全然効果がなかったし高いから継続できない」といったような内容のものもありますし、「眼精疲労が酷いので試してみたけれどもほかのサプリメントの方が合っていた」というような内容のものもあります。ちなみにこれらそれぞれの内容を投稿しているのは40代から50代と年代的には一定となっているのですが、このように効果の有無に関して大きな違いが出る理由としては悪い評価の中にもありますがその人の体質に合うかどうかと言うところが大きなポイントになっているのではないかと言われています。
と言うのも、そもそもえんきんは機能性表示がされているだけであくまで健康食品という立場のサプリメントに分類されています。そのため医薬品のように服用した人すべてに一定の効果が期待できるというわけではなく、あくまで栄養として吸収されるようになっているため効果が出るかどうかというところはその人の体質に依存しているところがありますし、例え効果があったとしてもどの程度の効果が出るのかというところにも個人差があります。ほかにもその人が服用を始めた状況や年齢、目の疲れ方やどのような原因で疲れるのかという点も異なっています。
このような理由から服用した人の中で効果があったと言ういい評価をする人もいますし、全く効果がなかったという悪い評価をする人もいるのはある意味当然であると考えられています。特にこのサプリメントはある程度服用する人の年齢層が特定されているので、評価を分けるポイントとしてはどのような原因の眼精疲労なのかどうかと言うところやその人の体質によるところが大きいと考える事ができるのです。ただどちらの評価も一定数はありますが良い評価の方が若干多いと言う傾向があることから、服用した人すべてに効果があるというよりも体質や状況などの条件が合う事によって効果を発揮する事ができるサプリメントであると言うところが判断できるようになっています。
そのためこれから飲んでみようかと検討している人の場合は自分の体質がマッチするのかどうかと言うところが分からないので不安に思う人も少なくないと思われますが、まずは試してみないと効果があるのかどうかが分からないということも言えます。そのためお試しコースなどで実際にどうなるのかと言うところを試してみることがおすすめされていますし、そこから継続するかどうかを決めるということが大切だと言われています。ただしポイントとしてはあくまでも老化による眼精疲労を中心として効果があるサプリメントになっているので30代以下の場合は効果がない可能性が高いですし、手元のピント調整機能の衰えに対しては効果があったと言う声が多いのでそのような症状を持っているという人には効果が出やすいのではないかと言われているようです。